Favorite family and photograph

写真家 西出 裕一 の日記です。写真は家族♪ というわけで、familyphoto.jp を宜しくお願いします♪

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fc2yn_091026_1890.jpg
Copyright familyphoto.jp

たまに、妙に補正されるPhocus のレンズ補正でしたが、写真を見直してるとあることに気づき♪色々とテストした結果ようやく正しい使い方が解りました(^_^)♪
fc2yn_091029_1893.jpg

fc2yn_091029_1892.jpg
参考ScreenCapture画像の中の写真はHC 35mm で撮影してます♪

広角レンズやHTSの使用で近距離での撮影で使うと完璧に補正されます♪しかし、ある程度離れた被写体や無限遠での撮影では、ほとんど湾曲しないのに、補正が、水平を出そうと頑張って妙に横に広がる・・近距離ではON♪ある程度遠い距離の場合はOFFと自分なりに使い分けると良さそう(^_^)遠距離で使っても建築物などの被写体により目立たず上手く補正される時もあるので、無限遠などで全く使えないとも言えません(^_^)ここが難しい所ですね♪何事も万能とは行かないのは理解できますが、もう少し情報を出してくれても良いんじゃないかと思います♪と、前にも書いたとおりレンズ自体の出来が良いので、常にOFFでも特に問題も感じません(^_^)♪しかし広角レンズの近距離だけは大幅に差が出ますね♪


各1本のレンズに対して500パターン以上の補正値がある!!500もあると言っても良いけど、500しか無いとも言える。。よく考えてみれば、全ての距離の上下左右で作り込むと何通りになるか解らないですよね・・(^_^;)(^_^;)

後はやっぱり次世代の Phocus 2.0では、(水平・垂直・湾曲)のより詳細な微調整が出来るスライダーを装備して欲しいですね(^_^)Hasselbladの現地スタッフさん♪宜しくお願いします(^_^)と、使える機能と気がつけばワガママも言いたくなります(^_^)DNGに変換しても補正値が付いてくるようになると完璧なんだけどな~~♪無理かな・・(^_^;)まあ言いたいことは言っておこう(^_^)笑)


この記事をもし見てくれてるなら日本語が読める人に翻訳して貰って下さいね(^_^)♪

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。