Favorite family and photograph

写真家 西出 裕一 の日記です。写真は家族♪ というわけで、familyphoto.jp を宜しくお願いします♪

Category :  写真関連色々
tag :  ScreenCapture
fc2yn_091019_1822.jpg

2002年11月発表、2003年1月発売のFUJIFILM GX645AF プロフェッショナルが製造販売を終了するそうです。「FUJIFILM&HASSELBLAD」のコラボレーションは、特にレンズ部分のフジノンの製品は素晴らしい物でしたが・・・とっても残念。。富士から提供されているハッセルのレンズもこの先どうなるんでしょうね??H5D(仮定)でボディとレンズを一新とかになるのかな??今後のシステム変更などを踏まえて考えると、ますますH4D-60に手を出す気になれなくなってきた。。こんな事になるのは、多分ボディ部分を昔っから作りの悪いスエーデン製のままなのが悪い気がする・・レンズ、ファインダーは日本製で、ボディがスエーデン製・・全てのパーツを日本で組み込み製造していればもう少し息の長いカメラで居れた気がする。。今後のハッセルの新しいカメラも動向をよく見てから行動しないとですね。。しかしハッセルのレンズはフジノンが作っていって欲しいですね。。が、ゆくゆくはコストと要求の面で折り合いがつかないんだろうな~きっと・・(-_-)(-_-)


詳細は、ナショナル・フォートのWEB SITEで確認してみて下さい。

在庫処分投げ売り状態のようですが、こんな追加記載も・・(@_@)??

「**カメラボディのファームが大幅に異なってきたため、ハッセルブラッドHボディ、HCレンズとの混用は、エラーの可能性が高いのでご注意ください。また、HCDレンズ、ティルトシフトアダプター、DCパワーグリップ等は使用できません。」

確かにファームの更新はHasselblad H3DIIに関しては最近特に多い・・今後、同じマウントでもハッセルのボディで使えないのも困る。。他社バック拒否とか恐るべしファームを出すくらいだから中止となると富士用の何かを読んで、さらにシビアにやってきそうだ・・(^_^;)しかし値段に弱い私は、このバーゲンセールにとても惹かれますけどね・・(^_^;)笑)


富士フイルム GX645AFのメーカーサイトには何の告知も無し・・・販売店が記載してるから間違いないと思いますが、銀塩フィルムの時代の終わりがまた近くなってるのは間違いなさそうですね。。

ジナーもP2や8×10など販売中止の嵐・・フィルムメーカーも印画紙もポラもフィルムも・・この先デジタルだけにホントになるのか??もはやフィルムを使ってない私が言う事では無いですが、何だか寂しいですね。。中判もローライのHy6もこの先どうなるんでしょうね??AFDバリオゴン60-140mmF4.6PQSとかAFDテレクスナー150mmF4HFT-PQSとか発表だけで、まだ未発売のままですが・・??leafは止めて、ジナーブランドで出てくるのかな??謎だ・・(^_^;)


東京ビッグサイトで開催してた、フォトイメージングエキスポ(PIE)は2009で終わりで、今度は「CP+」「CP+」Camera & Photo Imaging Show、シーピープラスと名を変えてパシフィコ横浜で2010年3月11日~3月14日に開催予定のようですね・・・映像・動画の片隅に写真とかってなりそうな予感・・(^_^;)これも時代か。。


これからはさらによく考えて、出てすぐに機材に手を出すのは止めようと強く誓う私♪

やっぱ最後の最後はバーゲンセールを繰り返していないLEICAの一人勝ちになるのかな・・・家は当分買う予定はありませんが・・(^_^;)(^_^;)

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真